飲食求人・レストラン求人・飲食店転職・就職 グルメキャリー東北・北海道版

青森県

青森県ってどんなどころ?

青森県は、津軽地方(青森市・弘前市・五所川原市、その他)、三八上北地方(八戸市・十和田市、その他)、下北地方(むつ市)、と大きく3つのエリアに分類できます。

その中でも、青森市、弘前市、八戸市などの都市部では、他のエリアに比べて飲食店の数も多く、青森県で飲食のお仕事を探すとなると、自ずとこれらの地域が中心となってくるはずです。

また、人口当たりの飲食店の数もそこまで少ないわけではありません。

農業も漁業も盛んな地域だけに、地元の新鮮な野菜や海産物を扱った地産地消のお店なども多くあります。

しかし、青森県は、大都市圏に比べて飲食店・ホテル・旅館などの数自体が多いとはいえません。

そのため、地元で飲食のお仕事を探そうと考えている方にとっては、選択肢も限られ、ややお仕事を探すのに苦労をすることもあるかと思います。

2010年に東北新幹線が乗り入れ、そして2015年には北海道新幹線が開業。

それ以来、その起点でもある「新青森駅」周辺は、徐々に盛り上がりをみせており、今後益々新しい飲食店などの登場も期待できます。

青森の中心部であり、アクセスも良いことから、求人の需要も高まっていくことが予測されます。

そのため、新しい飲食店でオープニングスタッフとして働きたい方には要チェックのエリアです。

最後に、青森県の意外なデータとして、女性経営者の比率が高い県であるというデータがあります。

そう言われてみると、青森の飲食店は女性スタッフが多い気がしますし、何より元気があって快活という印象がありますよね。

どうやら理由としては、家族から事業を引き継ぐケースが多いためだということです。

しかしながら近年では、女性ならではの柔らかな感性を活かし、飲食店できめの細かいサービスに従事し成功しているパターンや、女性ならではの視点とセンスで繁盛店を創っているというケースもあります。

飲食店は女性が長く続けるには厳しいというイメージがあるかもしれませんが、今では飲食店の福利厚生も大分充実してきています。

女性が多い職場ということは、女性ならではの悩みに対するフォローや働き方に対しての理解がある傾向が強いので、就職活動をする際には、その辺りのポイントも注目してお店選びをするのもいいですね。