飲食求人・レストラン求人・飲食店転職・就職 グルメキャリー首都圏版

地域
変更

 『飲食店は人材ありき』です。見た目は同じお店、同じ料理、同じサービスであっても、スタッフの“ココロ”が感じられないお店はお客が 離れていきます。世の中が「システム化」「効率化」の一途を進む中で、『飲食店』はヒューマニズム(人間味)が求められる数少ない “場(空間・時間)”であることは間違いありません。ですから、雇用側(経営者)は人材採用に他ならぬ熱意を持って取り組みます。飲食業界は、飲食店求人数に比べ飲食店への就業希望人口が少ない、いわゆる「売り手市場」の状態が続いており、慢性的な人材不足に悩まされているのが実状ですが、その中で、飲食店(企業)は人材の“質”を求め、「グルメキャリー」で求人広告を掲載されています。  「飲食店とモノ・情報」の関係性が年々進化する中、「飲食店と人」の関係性においては、年々すれ違いが増えているように感じます。 年月、環境、出会いにより人の考え方が変わるように、お店も時代とともに変化が求められる現在、今一度、あなたが「飲食業界で働く」理由を 再確認されてはいかがでしょうか。
 飲食業界における「転職」は、もはやそのイメージに良いも悪いもない、ごく自然な行為として認識されています。 だからこそ、転職に「明確な理由」がなければ何度も繰り返すことになります。そうならないためにも大事なのは、転職理由が「環境を変えれば解決するのか否か」ということです。飲食店の退職理由のランキングトップは、いつの時代も「人間関係」です。
一見、前向きに聞こえる転職理由も、話を突き詰めていくとやはり「思い通りにいかない人間関係」に辿り着くケースが多いのです。 「店長が怠慢だから自分のやりたいことができない」「キッチンとホール内の関係がギスギスしている」「会社幹部が現場を知らないから 無茶ばかり言う」…。これらは、転職者の本音としてよくあるケースです。確かに飲食店は“同じ屋根の下”で毎日顔を合わせ
協力し合わないと成立しない「チーム性」が求められる職場です。逆に言うと、他人の欠点が見つけやすい職場と言ってよいでしょう。
しかしよく考えると、これらの理由で転職する人が多いということは、「他店でも同じことがある」ということです。転職を繰り返す人の決まり文句、 それは「店が悪い」です。この発想は、結局自分を苦しめることになります。先述した通り、「自分の思考にピッタリと合う店」を探すのではなく、 「与えられた環境で自分がベストを尽くす」ことに成長があり、その先に本当の「前向きな転職理由」が見つかるのではないでしょうか。 実際、面接における不採用の理由のランキングトップは「前店の悪口を言う」なのです。まずは、「環境を変えなければいけない転職理由」を 自問自答することから始めましょう。
 飲食店は、「人材を雇用するために雇用する」のではありません。あくまでも「繁盛店にするために人材を雇用する」のです。 言い換えれば、採用は目的ではなく「手段」なのです。「手段」という言葉に抵抗を感じる方もいると思いますが、その事実を踏まえないと 職場に対し不満が募りやすくなります。それは、従業員側にも言えることです。勤めているお店で「働くために働いている」のではないはずです。 もちろん「生活資金を稼ぐため」が前提ですが、職場選びに対し「学びたい」「経験を積みたい」「新しいことにチャレンジしたい」などの動機があるはずです。これを言い換えると「目的」です。その手段としてお店で働いているのだと思います。「お店が求める人材」と「人材が求めるお店」の パズルが狂わずにピッタリとはまるケースはないと言っても過言ではありません。ですから、独立して自分のお店(職場)を持つ人が多いのも 事実です。勤める以上、自己の主張が通らないことがあって当然です。職場はお互い(雇用者と従業員)の都合をぶつけ合い、 摩擦する場所ではなく、与えられた環境の中でお互いがベストを尽くす場ではないでしょうか。それらを理解した上で転職に踏み切ることで、 自己成長する職場が見つけやすくなります。
 現在の給与や役職などは、あなたが入社してからコツコツと築き上げてきた努力の結果であることは間違いありません。 しかし、その評価が他店でそのまま通用することはないのも事実です。一般的に「世間での評価は、今の評価の3分の2程度」と言われています。 同じ飲食業界、同じ業態であっても、会社・店によってその評価は様々です。前店での評価が初めから他店で反映されることはまずないと 考えるのが無難です。逆に言うと、入社後、あなたの実力・活躍次第で前店以上の評価がされることも考えられます。面接時において、 前店での実績・評価などはアピールすべきことですが、給与・役職の強い要望は、採用後のあなたへの評価のハードルがかなり上がることになります。経験者はあくまでも、実際の「仕事ぶり」次第でいくらでもアピールできます。  まずは謙虚な思考であることが、全ての始まりであるとお考えください。