飲食求人・レストラン求人・飲食店転職・就職 グルメキャリー首都圏版

地域
変更

2013年12月掲載

新店の店長に任命されたときは、どのような気持ちでしたか?
 料理だけではなく、マネジメントを学びたいと思っていたところでした。でも、正直、周りにはラーメン屋くらいしかないようなところで、どうなるのかなという不安もありました。場所柄を知っている人から「あのあたりは夜、人通りが少ないよ」なんて言われたりもしましたが、それでかえって、じゃあ、やってやるかとやる気が湧いてきました。

実際に店を任されて、いかがでしたか?
 三軒茶屋店では、二番手としてお金の管理などにも携わっていましたが、店長になると、やはり違いますね。毎日、数字を追っていますので、ときにはプレッシャーを感じることもあります。

反面、店長ならではやりがいもあるのでは?
 そうですね。新しいスタッフも入ってきて、自分なりに考えて、こうしたほうがいいだろうということを皆が実践してくれているのを見ると、やりがいを感じます。チームワークで日々の目標を達成できるのが、今の一番の喜びですね。

オープンから7ヶ月、順調なようですね。
 地元の皆さんは、こういう店ができるのを待たれていたようです。早い時間には、小さなお子様連れのお客様も多いんですよ。家族で食事をするにも、近くにはファミレスくらいしかありませんから。

子ども連れのお客様が多いというのは、ちょっと意外ですね。オープン前に予測していましたか?
 いえ、駒沢大学駅に近いので学生さんが来るかなとは思っていましたが、実はそうでもないんです。家族連れはほぼ常連のお客様です。「子どもがここの鶏肉を食べたいと言うので」と来られる方もいらっしゃいます。これまで働いてきた店では子どもと触れ合うようなことはあまりなかったので、そういう言葉をいただけるのもうれしいですね。

では、最後に今後の目標を教えてください。
 今回、ゼロから店舗の立ち上げを任せていただいたのですが、もっとこうしておけば良かったという部分もあります。店舗展開を進めていく中で、この経験を活かして、より良い店づくりのための提案をしたいですね。数字の管理やスタッフ教育など、まだまだ学んでいる段階ですから、会社の成長と一緒に自分も成長していきたいと思います。

久松 利行さん
(ひさまつ としゆき)
36才・入社4年8ヶ月
前職/料理長
現在/店長
1977年、東京都生まれ。高校卒業後、寿司店でのアルバイトから飲食の世界へ。寿司・和食を中心に経験を積んだ後、肉料理を学ぶためにもつ鍋・焼肉店に勤務。2009年3月、「(株)とりビアー」に入社。今年4月、駒沢大学店の店長に就任。
活動期間  2週間
応募数 1店舗
内定獲得 1店舗
もともと鶏肉を学びかったので、鶏料理の店をメインに探しました。串焼きではなく皿盛りにして提供するという調理法にとても興味を持ちました。
なぜ採用されたと思いますか?

長年、料理の仕事に携わってきたので、その知識や技術をアピールできたのが大きかったのではないでしょうか。面接では、これまで触れてきた魚などの食材や、牛肉に関しては内臓系も扱えることを話しました。料理長も立ち会われたのですが、自分と同じ和食を経験してきた方なので話が合い、その場で意気投合しました。また、丸鶏をそのまま食材として使えるとうかがい、これはおもしろそうだなと興味を引かれました。そこで、ぜひともやってみたいと意欲を伝えられたも良かったのかなと思います。

人気メニュー“特大もも焼き”の切り方をスタッフに指導。「これをしてはいけないという失敗例から、わかりやすく伝えるのがポイントです」

とりビアー 駒沢大学店
住所 東京都世田谷区野沢2-26-5 1F
電話 03-5787-6167
営業 18:00~翌3:00
休日 年中無休
交通 東急田園都市線「駒沢大学駅」徒歩7分
http://www.toribeer.co.jp
  • 文 西田知子
  • 写真 yama