晴れて独立開業を果たした新オーナーに直撃
インタビュー
Succession(サクセション)
岩本 進さん

飲食求人・レストラン求人・飲食店転職・就職 グルメキャリー首都圏版

地域
変更

ロゴ 心臓が止まる――その経験は、岩本氏を人生に正面から向き合わせた。悔いのないように生きるために岩本氏が選んだのは、技術と経験を後進へ継承(サクセション)していく「ベイクショップ」を作ることだった。
文:瀬尾 ゆかり 写真:ボクダ 茂

2017年8月掲載

人生をかけて、パン作りのすべてを伝えたい

人生をかけて、パン作りのすべてを伝えたい

 東京・谷中は、閑静な住宅地に昔ながらの商店や洒落たカフェなどが並ぶ人気の街だ。今年6月にオープンしたばかりのベイクショップ「サクセション」もまた、駅からやや離れているにも関わらず、客足が絶えない。そしてここは、単なるベイクショップではない。オーナーの岩本進氏が、先人達から受け継いできたパン作りの技術や、自身の経験を次の世代へ継承(サクセション)していく為の拠点として誕生した場所なのだ。
 岩本氏は、これまでパン業界で研鑽を重ねてきた。その腕が認められ、自身の店舗経営のほかにも新店舗の立ち上げに携わったり、講師として招かれ技術を教えたりと、多忙な日々を過ごしていた。
「パン作りの面白さは、工夫しだいで結果が大きく変わること。だから知識や技術にゴールがないんです。どれだけいいものを作れるか、ひたすら追求してきました」
 そんなある日、持病の心臓病が悪化し、倒れた。心臓は一時停止し、岩本氏は救命措置で一命をとりとめたという。
「その経験から、僕は『生まれてきた意味』を考えるようになりました。やり残しや、悔いのないように生きたい……そう考えたとき、自分が今まで培ってきたパン作りの技術を、自分だけにとどめておいてはいけないんじゃないかと思ったんです」
 その後、体は順調に回復し、趣味のトレッキングを楽しめるまでになった。そして岩本氏は自身の技術を伝えるため、東京に店舗を構えることを決意。専門学校で教えることを選ばなかったのは、より多くのことを後進に伝えたいからだ。
「実体験で学んだことは、教科書には書いていないことばかりです。現場じゃないと教えられないことも含めて伝えたかったので、店舗という形を選びました」
 「サクセション」では、パンや菓子作りの技術を磨きながら、経営も学べる。
「やりたいことやアイデアはどんどん言ってほしいし、それを実現するチャンスをたくさん作りたいと思っています。ただ、技術が追いつかなければ、できないこともある。僕もたくさん悔しい思いをしたし、へこたれてきました(笑)。でも、大切なのは立ち直ること。へこたれても立ち直れる人、そして将来的に店を出したい人にとって、ここはいい場所になると思います」

シックでお洒落な店内に、美味しそうなパンやサンドイッチ、マフィンにクッキーが並ぶ。内装は、フロアデザインからクッキーのラベルにいたるまで、岩本氏が夫婦で手がけたものだ。
岩本氏の作るパンや菓子には妥協がない。国産の小麦粉に発酵バター、無農薬野菜など、厳選した材料を惜しみなく使う。その味わいは濃厚だが、口あたりは繊細だ。
Succession(サクセション)
東京都台東区谷中2-5-19 1F
電話/090-5793-1401
交通/地下鉄千代田線「千駄木駅」1番出口より徒歩8分・各線「日暮里駅」より徒歩10分
https://www.facebook.com/Succession.YANAKA/?fref=ts
□オープン日
2017年6月9日
□客席数/店舗面積
12席
□営業時間
11時~18時
□従業員数
社員1名、アルバイト2名
□客単価
1200円
□ターゲット層
女性
□定休
火曜日(その他臨時休業有)
□独立準備開始時期
2016年5月
□施工開始時期
2017年3月
□資金調達方法
自己資金、金融機関、クラウドファンディング、台東区の利息補助制度
□トータル開業資金
2000万円

profile

岩本 進 Susumu Iwamoto
1979年、大阪府生まれ。大学卒業後、東京で大手の製パン会社に就職し、パンと洋菓子作りをさらに学ぶため神戸に移住。その後茨城県つくばみらい市で独立し、笠間市でパン屋立ち上げに参加、経営にも携わる。2017年、東京・谷中にベイクショップ「Succession(サクセション)」をオープン。

バックナンバーはこちら